クリケットの用語 その1

【ウィケット】
WICKET
ウィケットピッチの両端に置かれている3柱門のことで、チームのアウト数を表します。スタンプとよばれる3本のスティックと、その先端にセットされている2本のべイルから成り立っており、スタンプが倒されたりベイルが落ちたりすると原則的に打者はアウトになります。
【スタンプ】
STUMP
ウィケットを構成している3本の柱のことで、その3本の柱はそれぞれミドル・スタンプ、レッグ・スタンプ、オフ・スタンプと呼ばれ、打者に近い方のスタンプをレッグ・スタンプ、打者に遠い方のスタンプをオフ・スタンプといいます。
【べイル】
BAIL
スタンプのレッグとミドルの間、ミドルとオフの間の2ヶ所に置く横木のこと。これが落ちると原則的に打者はアウトになる。アンパイアにとってはアウトの目印になる。
【ウィケット・キーパー】
WICKET KEEPER
捕手のこと。守備の要とも言える存在で、バッツマン側のウィケットの後方にポジショニングし、ボウラーの投球を捕球します。また、バッツマンの打ち損じた打球をキャッチしてアウトを狙います。野手で唯一プロテクターとグローブをつけることのできるポジションです。
【バッツマン】
BATSMAN
batsman.gif打者のこと。ボウラーの投げる球からウィケットを守ることが一番の役割です。ボールを打ち返したバッツマンは反対側のウィケットに向かって走り、ボールがウィケットへ返球されるまでの間に双方のウィケット間を往復した回数が得点となります。ボウラーの投球や野手(フィルダー)による返球でウィケットが倒されると、バッツマンはアウトになります。
【ストライカー】
STRIKER
打者のうち打撃当事者をいう。要するに現在、打撃を行っている方の打者のこと。
【ノン・ストライカー】
NON−STRIKER
打者のうち現在打撃を行っていない方の打者のこと。単にパートナーともいう。
【ボウラー】
BOWLER
bowler.gif 投手のこと。ウィケットを倒し、アウトをとるために投球します。投球数は6球と決められており、6球(1オーバー)を投げ終えると次のボウラーに交代します。また、投球の時にヒジを曲げずに投げることがクリケットの特徴です。
【ポッピング・クリース】
POPPING CREASE
打者線のこと。バッツマンが打撃する時にはこの線をまた跨がないとアウトになってしまうし、ノンストライカーにとっては野球で言うところの塁の役割になり、この線の中にバットか身体の1部を入れてないとアウトになる。更に、ボウラーにとっては線を踏み越えて投球すると違反投球になってしまう。また得点のために走る時の安全地帯境界線ともいえる。
【ボーリング・クリース】
BOWLING CREASE
投球線のことで、ウィケットの位置も示す。ウィケット・キーパーはこの線より前で守ってはいけない。
【リターン・クリース】
RETURN CREASE
上記の2つの線と直角に交差する線のことで、反対側のボーリング・クリースまで延びている。この3本のクリースで囲まれた範囲が投球&打撃ボックスともいえる。ボウラーは投球動作中にこの後ろ足で触れてしまうと違反投球になる。
【エンド】
END
ウィケットの立っている側を指す。ストライカーズエンドとボウラーズエンドがある。
【オーバー】
OVER
1回の投球単位。6投球で1オーバーが一般的。オーバーごとに投手が交代し、投球エンドも180度かわる。