基本ルールと競技方法その1

『用語説明』
このゲームには耳慣れない用語がたくさん出てきますから、最初に説明しておきます。
ウィケット 三柱門(台座に3本の棒をさしてあるもの)/このゲームで最も重要な用具
ピッチ 投球や打撃をするプレイングゾーンのこと
ラン 得点をするために走ること/得点そのものの意味も持つ
バウンダリー プレイングエリアの外周境界線(この中でゲームをします)
オーバー 投手の投げる球数の単位のこと/1オーバー=6球

ゲーム形式

ペア対抗です。
打撃側と守備側に分かれてプレイするイニング制で、得点(ラン)を競い合います。
全ての打者が規定投球数を打撃し終えたら攻守交代です。
基本的には1イニングゲームですが、時間が許せばイニングを増やしてもかまいません。

用意するもの

イージークリケットキット

人数

1チーム6人から12人くらいまでが適当で、できれば偶数で行うのが理想的です。

プレイングエリア

屋外でも屋内でも整えられた平面があればどこでも大丈夫です。
ピッチ(打ったり投げたりする場所)をプレイングエリアの中央に作ります。
ピッチは12mから16mくらいが適当です。
集まったメンバーの体力や技術によって、また行う場所などから判断して長さは決めましょう。
1組のウィケットをピッチの各エンド(両端)に向かい合わせに設置します。
バウンダリー(境界線)は、屋外の場合はラインでマークします(ラインが引けない場合、あるいはラインだけでは見にくい場合はそのライン上にコーンと呼ばれる三角形の目印を置いたり、またはライン上に旗を立てたりします)。
ウィケットからバウンダリーまでの距離は最大40mとしましょう。フェンスがある場合はそれをバウンダリーにするとよいでしょう。屋内の場合はあえてバウンダリーを必要とせず、壁をバウンダリーとしたり、あるいは壁もプレイングエリアとします。
プレイングエリアの全体の広さは、人数や場所の状況に応じて決めましょう。
out01.jpg

投手(ボウラー)

投手は上投げもしくは下投げで投球します。
正式には肘を伸ばして投げますが、まずは自由に投げてください。
投手の第1目的は、打撃当事者(今、打っている人)側にあるウィケットを投球によって倒すことにあります。
ボールは打者に届く前にバウンドさせる必要があります(それはノーバウンドで投げるとたいへん打たれやすくなるからです)。ただし、バウンドしなくてもペナルティーはありません。
投手は6球(1オーバー)投げたら別の人と交代しなければなりません。
全てのプレイヤーが投手となり投球する機会を得ます。
各チームは、事前に取り決められたオーバー数を投げます(人数分のオーバー数が適当です。打者数×6球=1ペアに対して2オーバー)。
打者にボールが届かなかったり、打者の肩口を通過したようなボール(暴投)は「ワイド」と呼ばれ、打者側に1球につき1点が与えられます。
投球は、どちらか一方のウィケットエンドからすることに決めておきましょう。
投球位置は基本的にはウィケットの真横ですが、もし打者に届きにくかったら、投球位置を前にしてもかまいません。
out01.jpg

守備・野手

クリケットでは360度どの方向へもボールを打ってよいので、野手はピッチの回りにまんべんなく位置する必要があります。捕手以外にも打者の後方に守る野手が必要になってくるのです。
グローブは用いず、素手でボールをつかみます。

捕手(ウィケットキーパー)

ウィケットの後方で、安全な場所に位置します。しかし、打者を通りすぎてくるボールをとめるのに十分な場所でなければなりません。
打者がバットを振ろうが振らなかろうが、または打者の体に当たったボールであっても(野球でいうデッドボールはクリケットにはありません)、捕手が後ろにボールをパスボールすると、打者はランすることができ、もし取り損ねたボールがそのままバウンダリーに達すると打撃側には1度に4点入ってしまいます。